ホーム > ステンレス製品のお手入れ


ステンレス製品のお手入れ



お手入れ


ステンレスは定期的にお手入れをする必要があります。
特に工場地帯で煤や鉄粉が付着しやすい場所や、海岸が近く潮風にさらされている場所では
お手入れをおこたるとさびを誘発し、「もらいさび」を起こします。従って、ステンレスは
決して「サビない」ものではなく、むしろ「サビにくい」金属と言えます。
一旦発生したサビは落とすことが難しいので、ステンレスの汚れに注意して日頃からこまめに
お手入れをしてください。サビの発生を防ぐことができます。一般の場所であっても常に
清浄に保つよう、定期的なお手入れが必要です。
お手入れ方法は通常、柔らかい布でから拭きまたは、水拭きをしてください。
水拭きをした場合は、必ず乾いた布で拭いて水分を完全に取り除いてください。
上記の程度ではなかなか汚れが除去できないときは、水拭き後、中性洗剤液や石けん水を
スポンジや布に含ませ、拭きとるようにします。その後、十分に水拭きをして洗剤が
残らないようにしてください。
ベンジン、シンナー、みがき粉、タワシなどを使って清浄することはお避けください。
変色、キズ、塗装ハクリの原因となります。

清掃階数の目安

お手入れ画像

注意 海岸地帯、工業地帯などの環境では比較的早くサビが発生し、台風通過時には
内陸部まで海岸地帯同様の塩害が発生することがあります。
このような場合は、サビが発生する前にこまめにお手入れ(清掃)する必要があります。

注意 製品の細部までお手入れされる場合は、板金製のため手を切る恐れがありますので、
必ずゴム手袋などで手を保護するようにしてください。


ステンレス 内・外装の汚れとサビ


  • 建物の環境によるもの
    1. 道路工事や建設工事の際、飛散する土砂、ほこり、鉄粉などの付着による汚れ
    2. 汽車、電車の制動時に発生する鉄粉の付着による汚れ
    3. 自動車やバスの排気ガス中に含まれる亜硫酸ガスなどの汚れ
    4. 工場、ゴミ焼却場、下水処理場、ビルの冷暖房設備などから発生する煤煙や
      亜硫酸ガスによる汚れ
    5. 海岸地帯の潮風や塩分を含んだ雨水の影響による赤サビ
    6. 温泉地帯で発生する各種ガスによる汚染
  • 汚れの原因となる付着物
    1. 鉄粉や塩分の付着物
    2. 指紋のあと
    3. 油脂類、セメントなどの付着
    4. 表面保護用粘着フィルムののり転着物
    5. 各種清掃薬液のたれあと

ステンレスの特性


ステンレスが腐食に対して強いのは、表面に独特の保護皮膜(酸化皮膜)が形成されるからです。
この皮膜は空気中の酸素がふれている間は優れた耐食性を示す性質を持っていますが、
スレンレスの表面が汚れてくると、酸素との接触が妨げられるのでサビが
発生することがあります。

SUS304/オーステナイト系 ステンレス


オーステナイト系ステンレスは大気腐食に対してすぐれた耐食性を示します。
特にSUS304は、屋内・屋外を問わず優秀な耐食性をもっています。
SUS304は、腐食条件に対しその表面に薄い緻密な酸化皮膜ができて腐食から保護します。
このようにステンレス(SUS304)は、貴金属的な性質をおびた優れたステンレス鋼種です。

高純度フェライト系 ステンレス


高純度フェライト系ステンレスとは、クロム量を19%以上に高め、SUS304と同等
の耐久性・耐食性を持ったコストパフォーマンスに優れたステンレス鋼種です。

ステンレス組成




Copyright, 2022 TAJIMA METAL WORK Co., Ltd.All rights reserved.
田島メタルワークは三和グループです